映像制作の際の見積について

subpage-img

映像制作を専門会社に依頼したとき、もちろん価格の見積をしてもらう方は多いでしょう。


その中で、複数の会社に並行して見積を依頼することもよくあることでしょう。しかしそんな時、その見積価格に大きな差が出ることがよくあります。


その理由は、映像制作には相場というものがはっきりとは存在せず、会社ごとに値段に幅のある作業や内容が想定されているからなのです。


ただし、それらの差はあまりに法外な値段でない限りは、まっとうな価格として算定されているものです。
ではなぜ、そのような差が生じてしまうのでしょうか。



それは、その映像制作に必要な機材などのコスト、人件費に差が生じてくるからです。



コストは基本的に企画構成費やシナリオ製作費、ディレクター、アシスタントへの人件費などがあげられます。

その価格はもちろん、詐欺でない限りは高い費用をかけるほど品質の高い映像を制作してもらうことが出来るようになっています。
同じ業務内容でも安い会社や高い会社はやはり存在しますが、基本的に価格とクオリティは比例しているものと考えられるでしょう。

ただし、やはりお金をかければかけるほどいいということではありません。
必要以上に費用をかけてしまうと「これほどのクオリティの映像が必要なわけではなかったのに、お金を余分に使って無駄にしてしまった」というようなことも起こってしまいます。
必要なのは、制作会社の人と綿密に打ち合わせすることです。



必要なことと不必要なことを明確に切り分けて映像制作を進行することが必要でしょう。

top