映像編集の求人に;応募する際に気を付けること

subpage-img

映像編集の求人に応募する際には、事前にその仕事内容について十分に確認することが重要です。


一般的に映像編集の仕事というと、自分の技術を駆使して効果的な映像を制作したり、効果を導入して演出を行う事を想像する人が多いのですが、業務の場合にはその他にも様々な業務があるからです。

映像業界の仕事の進め方の基本は顧客の要望にそった映像を作る事であり、また顧客に対して利益の有る映像を制作することにあります。その為、顧客との意思疎通が第一に優先される事柄であり、そのための意識のすり合わせが非常に重要になります。



従って、映像編集を行う際には技術よりも顧客とのコミュニケーション能力が最も問われることになります。
一般的に映像の仕事は一人で黙々と作業をするイメージを持っている人が多いのですが、実際には編集作業を行う時間よりも顧客との打ちあわせを行う時間の方が長く、またこの際に顧客の要求を十分に引き出すことができないと、出来上がった映像を顧客に却下されることになり作業量が増え効率が悪くなる事になり、結果として利益が圧迫されることになってしまう恐れもあります。


映像編集の求人に応募する際には、単に映像に関する知識が豊富であったり、編集技術が優れているだけでは仕事として務まらないことを認識する必要があります。

明日に役立つ毎日新聞について真剣に考えてみました。

その仕事内容を十分に把握し、自分の能力でその仕事を行うことができるかどうかを十分に検討してから求人に応募することが大切です。



top